そうだ。バレンタインにコーヒーを贈ろう!

Coffee of 「St.Valentine」


バレンタイン・デーは、英語では「Saint Valentine’s Day」。

訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。

 

実は、女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣です。

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。

 

では、チョコレートはどこから出てきたかというと、

1958年に東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです。

 

そして、今ではチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになってしまいました。

クリスマスもそうですが、キリスト教になじみの薄い日本では本来の意味が忘れられて、セールスに利用されがちのようですね。

 

自分の命を犠牲にしてまで神の愛を伝え、実践したバレンティヌス(没2/14)は、愛を形として伝える方法を、

 この日本に残してくれたのですね。

 

では、チョコレートで無くても良いじゃん!!


それでは、私から・・・。

     仲の良い彼氏・彼女では、チョコレートあげても彼女がたべちゃったりしませんか?

 

彼氏的には・・「俺にくれたんじゃないの?」

彼女的には・・「せっかくあげたのに食べないじゃん」

なーんてことも・・・

 

コーヒーなら、一人で飲むのも良し!

二人ならもっと良し!!

 

コーヒーを飲みながら、話も弾んでいう事無し。

しかも、「新鮮な焙煎珈琲豆で、飲まないでほっとく事もなくなります。

 

という、ポジティブな考え・・・駄目ですかぁ?

 

ちなみに、チョコレートというネーミングのコーヒー

Chocolate=ショコラ(ブラジル)をプレゼント何てのも良いかもです!!


そこで、バレンタインデーにコーヒーのプレゼントという選択。

ありじゃないですか?

 

●甘いものが苦手な彼に・・。

●チョコレートと一緒にコーヒーをプレゼント。

●チョコレートは恥ずかしくてちょっと・・コーヒー豆なら・・・。

●何故?チョコレートをあげるのか分からない。けど、自分の思いをそれとな~く伝えたい・・・。

●長く付き合っている彼氏にチョコレートはマンネリ・・・。

 

ちなみに、チョコレート(カカオ)の成分とコーヒーの成分は似ているんですね。

ポリフェノールとか・・(2/3のあさイチで成分についてやってました。)

*チョコレートは固形物。コーヒーは液体なので、成分比はかないませんが・・。

 

そんな、あなたのバレンタインデーの贈り物。

 

それが、美味しい焙煎珈琲豆という選択

 

アリでしょう!!

 

マイヨ工房では、プレゼントのご相談にも一人一人に応じて対応致します。

気軽に店主に相談して、センスの良いバレンタインデープレゼントを一緒に創りましょう!


 

 

プレゼント包装例(別途包装費):


他にも提案致しますので、一緒に考えましょう。