コーヒー業界の話

実は、日本で最も飲まれている飲み物がコーヒーです。
缶コーヒーとインスタントコーヒー、レギュラーコーヒーを合わせるとその量はダントツ。


それだけ飲まれているコーヒーですが、そのほとんどは一般的に名の通った大手企業が焙煎した豆が

使われています。


生豆を専門商社から輸入し、店舗単位で焙煎している当店のような小規模焙煎店の焙煎量は、

全体の1割にも達していません。
両者にはそれぐらいの差があります。


実はコーヒー界の大手と街の小規模焙煎店には他にも大きな違いが3つあります。
豆の品質
②豆の価格


個人の焙煎店は主に商社から生豆を仕入れています。
その商社は産地国のコーヒー協会がそれぞれ格付けした豆を仕入れています。

国によって呼び方が異なりますが、AAとかNo.2、SHBなど豆の銘柄の語尾についている暗号の

ようなものがその格付けを表します。

 

毎年その国の最高級の評価を得た生豆のほとんどが商社経由で日本に入ってきます。
ちなみに苦味が強いコーヒーが主流の欧州では最高ランクの豆は仕入れず、

多くは日本に輸出される下のランクの豆を安い価格で調達しています。
焙煎が深いので良い豆を仕入れる必要がないのです。


一方、大手飲料メーカーや大手カフェチェーンは、安定的に豆を供給するため自社農園を持っています。
多くは発展途上国で栽培されているものなので、その方がコストも抑えられます。


ただし、グレードは自社規定によるものなので、同国の民間農園で栽培されたコーヒー豆と横並びに比較されることはありません。
最高級のコーヒー豆使用というようなCMを耳にしますが、自社比較で最高級ということであり、客観的な視点はそこに加わっていないのです。


大手の製造する缶コーヒーやインスタントコーヒー、レギュラーコーヒーのそれぞれ原材料を見てみると、

産地国の名前が書かれているだけで、豆の銘柄が書かれていないのはそのためです。


そのような背景で、「豆の品質」について「客観的なお墨付きを得て、きちんとした名前のある豆」

使用している焙煎店と、「名もなき謎の豆」を使用している大手という違いがあります。


価格については、
低コストで自社にて生産し、中間マージンがかからない「安価な豆」の大手と、品評会に

勝ち抜いたブランド豆に生産者や商社などのマージンが発生する「高価な豆」の焙煎店という違いがあります。


スーパーで売っている「お買い得なコーヒー豆」と焙煎店の豆の価格差にはこういった

背景があるのです。
  

豆の鮮度
鮮度というのはコーヒーの場合、「収穫されてから」ではなく焙煎してからのことを言います。
街の焙煎店は、仕入れた生豆を店で焙煎して販売します。


大手企業の場合、現地に自社の焙煎工場を有し、現地の人を雇う方がコストメリットがあるため、
ほとんどが収穫した国で焙煎し、船で2~3か月かけて日本に入ってきます。
そこから港の倉庫を経て自社倉庫や工場で袋詰めされてまた倉庫へ保管。
その差からなのか、両者ではコーヒーの賞味期限の長さが違います。


一般的に焙煎店は焙煎してから約1年間を賞味期限にしているところが多いのですが、
大手企業は焙煎してから1年半から2年に設定しています。
焙煎してから店舗に並ぶまでの期間が長いため、1年に設定すると陳列してから

半年とか3か月で賞味期限が切れてしまう商品になる可能性があるので長くせざるえないのでしょうね。

 

マイヨ工房の賞味期限(香味期限)は、焙煎後一ヵ月としております。

「そんなに持たないの?」と疑問視されるかと思いますが、上記の様に、1年は「飲めます!」

しかし、「飲める」というだけで、「香味」を楽しめる期限として、1ヶ月と定めてります。

*賞味期限が持つとなると、後回しにするのが「人の常」ですから・・・。


これが日本で最も飲まれている飲み物であるにもかかわらず、あまり知られていないコーヒーの裏事情です。
どうせ飲むなら自分がどういうコーヒーを飲んでいるか、知っておいて損にはならないはずです。
余談ですが、当店は街の焙煎店の中でも珍しく、注文をもらってからその都度焙煎するスタイルです。


そのようなスタイルを一般的に焙煎した茶色い豆を置いて販売している店主はどのように見ているか・・・?
『生産性が悪いので採算が合わないはず』なのです。


日本人にとって、珈琲の歴史は未だ浅いが、コーヒーの普及に関しては大きく貢献しています。

 

コーヒー業界の三大発明

●インスタントコーヒー→発明者はシカゴ在住の日本人化学者カトウ・サトル博士。特許権を取らず5年後に他の人が取得してしまう。

 ●缶コーヒー→発明はUCC上島珈琲。1970年の大阪万博へ出品。

 ●アイスコーヒー→発明者不詳だが、昭和初期に日本でお目見え(らしい)。