商品ページ

ルワンダ共和国産 珈琲豆

ルワンダは農業国であり、人口の約90%が農産業へ従事している。この国はアフリカで最も人口密度が高く、内陸国であり、天然資源もほとんど無く、産業も乏しいことで知られ、貿易における主要な輸出品目はコーヒーである。
1994年のルワンダ虐殺はこの国の脆弱な経済基盤を破壊し、特に女性を中心とした深刻な貧困層を生み出し、民間や外部からの投資を誘致する能力を大きく低下させた。しかしルワンダは近年、経済の安定化と再建に著しい進歩を遂げており、1998年6月には国際通貨基金構造調整プログラムen:Enhanced Structural Adjustment Facility:ESAF)への署名を行い、世界銀行とともに野心的な民営化プログラムに着手している。
現在の継続的な経済成長は、国際援助額水準の維持とコーヒーおよび茶の世界価格強化の具合に依存している。

 

 

 



商品キャラクター詳細

ルワンダ ムヨンゲCWS

推奨ロースト:High Roast(中煎り)

 

COEで近年上位を獲得している地区のコーヒーを味わってみませんか?

 

ムヨンゲ・ウォッシングステーション近隣農家

ムヨンゲ・ウォッシングステーションは、2004年ルワンダ政府によって設立されたMIG(MULTI-SECTOR INVESTMENT GROUP)が運営していましたが、現在は分割民営化され、CBC(COFFEE BUSINESS CENTER)創業者ジャンポールとMIGの共同運営になっています。
ルワンダ ムヨンゲ地区のコーヒーは、
2007年のゴールデンカップで1位。2014カップ・オブ・エクセレンスで2位を獲得。
昨年にも2015年カップ・オブ・エクセレンスで見事1位を獲得しているので、2度目の栄冠となります。
COEを獲得できる程の気候・土壌に恵まれたムヨンゲのコーヒー。
フローラルな華やかな香り、濃厚な甘みとキレの良い後味、浅煎りでフルーティーな甘い酸味が特徴です。
この機会に是非味わってみて下さい。
大好評につき、終売です。

¥1,400

  • 0.2 kg
  • 購入出来ます
  • 配送期間:3-5日

ルワンダ コーパック キロレロCWS

推奨ロースト:High Roast(中煎り)

 

ウォッシングステーション近隣農家

  ブルボン

種 ウォッシュト

 

COOPAC農協は2001年4月14日Emmanuel Rwakagara Nzungize氏によって設立されました。 現在は2000人以上の生産者と、6つの地区(単一農協組織)にて構成される農協共同組合です。 コーヒー農園はルワンダの火山北部Kivu湖の上の丘に点在し、肥沃な大地、高地、豊富な雨量に恵まれており、ブルボンコーヒーの栽培に最適な環境で栽培されています。

 

2004年にEAFCA(East African Fine Coffee Association)によって、「最も優れている東アフリカのアラビカ豆」と評価されて以降、各コンテストで高い評価を得る豆を継続的に輩出しており、2007年、2009年でも再びEAFCAで1位を獲得しています。2009には、 Rwanda National Competition Taste of Harvest”でルワンダコーヒーベスト5に選ばれました。現在、アメリカやフランスなどにも輸出・販売され、高い評価を受けています。

 

非常に豊かな酸味があり、クリーンカップのコーヒーです。

スッキリとした朝を迎えるにふさわしい味わいのコーヒーです。

 

 

¥1,400

  • 0.2 kg
  • 申し訳ありません。在庫切れです。